子どもが
自分の力で
成長できる
場所

神宮寺モンテッソーリスクールは、秋田県内で唯一、
本格的なモンテッソーリ教育を行っている保育園です。

モンテッソーリ教育は、半世紀以上前に、イタリアの女性医師マリア・モンテッソーリが確立させた教育方法です。
自律した子どもを育てることを目指す教育で、欧米を中心に、世界中の幼児教育の現場で採用されています。
藤井聡太さん、Google, Amazon, Facebook, Microsoftの創業者などが受けた幼児教育としても注目されています。

当スクールの特徴

ひとりひとりの学び

100以上の活動から、興味・好奇心に従って子ども自身が活動を選び、自分のペースで学びます。

異年齢での学び

2歳半〜就学前の子どもが一つの教室で学びます。子ども同士で教え合いながら成長していきます。

自然の中での学び

自然の中で植物、動物、昆虫などと過ごすことによって、感受性や想像力を育てます。

フォトギャラリー

モンテッソーリ活動の様子

外遊びの様子

施設写真

私たちの教育原則
『観察、デザイン、ガイド』

子どもには、生まれつき自ら学ぶ力が備わっています。
私たちは、『子どもを観察し、環境をデザインし、ガイドに徹する』というアプローチで、
子どもたちの能動的な学びをサポートし、自ら学ぶ力を伸ばします。

観察

子どもひとりひとりを観察し、その子が今何をしたがっているのか、どんな力が伸びやすい時期なのかを把握します。

デザイン

観察の結果を踏まえて、子どもたちを取り巻く環境をデザインします。
・物理的な環境(教具、教室、施設)
・人的な環境(子ども同士、ガイドする大人)
・心理的な環境(安心してのびのび過ごせるか)

ガイド

子どもの好奇心・向上心と自律の精神を育むために、教え込む教育は行いません。子どもが自己選択し、能動的に活動する中で、失敗も含めて成長していくように導きます(ガイド)。

令和6年度の入園児童を募集します

願書受付期間:10月1日(日)~23日(月)
入園説明会(体験入園)も開催中です。
詳しくは、入園案内のページをご覧ください。

園名

神宮寺モンテッソーリスクール

代表

青柳 有理
(国際モンテッソーリ協会認定教師)

住所

秋田県大仙市神宮寺字坊ヶ沢堂ノ後8-18